越谷総合法律事務所
〒343-0813
埼玉県越谷市越ヶ谷1-10-1
オギノビル2F
TEL 048-966-1911

2012年5月18日更新
死因究明2法案委員会で可決

細川律夫代議士が野党時代から取り組んでいた死因究明制度改革のための法案が衆議院内閣委員会で、委員長提案として採決され可決しました。法案は「死因究明等推進法案」「死因・身元調査法案」の2法案。前者は政府が2年以内に推進計画を作ることを義務付けるプログラム法、後者は、犯罪見逃しの防止や公衆衛生向上を目的に、死因・身元調査、諸検査等を警察の責務と規定し、薬毒物検査、死後画像診断、解剖などによる死因究明の具体的手続きを定めたものです。この法案だけで制度が大きく変わるものではなく、今後の発展の第一歩ではありますが、大きな前進であることは間違いありません。これから衆議院本会議、参議院での審議が予定されています。



Copyright (C) 2003 Ritsuo HOSOKAWA. All Rights Reserved